花粉症のくしゃみ・目のかゆみ・鼻水等の症状はつらいものです。花粉症対策には大きく3つあります。@花粉の侵入をブロックA衣類等に付着した花粉を無力化B薬で症状を抑えるC治療で体質を改善するDサプリメント等で体質を改善する。花粉症の予防と対策についてご紹介いたします。

花粉の侵入をブロック

花粉ブロックスプレー

ポレノン(pollenon)

花粉症の症状はアレルゲンである花粉が目、鼻等から侵入することで生じます。
そこでこの侵入を防ぐことが基本的な対策となります。
外出時にマスクをする方は多いと思いますが、それでは十分ではありません。

顔や髪にスプレーするだけで花粉の侵入をブロックしてくれるスプレーが販売されています。化粧の上からもスプレーできるので便利です。 ⇒ 花粉対策スプレー「ポレノン」

花粉CUTメガネ

又、花粉CUTメガネも開発されています。
外出時に眼鏡をしているだけで50%以上の花粉をカットしてくれますが、J!NS花粉CUTメガネは最大98%の花粉をカットしてくれます。

昔は花粉対策メガネというといかにもゴーグルといったものですが、最近はオシャレなものが出ています。 ⇒ 「花粉CUTメガネ」

衣類等に付着した花粉を無力化

上記では花粉をブロックするグッズを紹介いたしました。

しかし、外出すれば衣服等に花粉が付着します。
また、衣類や布団が外に干すと当然、花粉が付着し、これがアレルゲンとなり、室内にいる時でも花粉症の原因となります。

こういった時、花粉を不活性化してくれるスプレーがあるので利用すると便利です。 ⇒ 「花粉抗体スプレー」

薬で症状を抑える

花粉症の症状を抑える為に薬を利用している方は多いと思います。
但し、薬は「眠くなる」「副作用がある」等の問題点があります。
薬のみに依存するのは良くないので、他の予防と対策も講じましょう。 ⇒ 花粉症に効く薬

治療で体質を改善する

花粉症の治療として効果があるのは「減感作療法(免疫療法)」です。

これは注射で体内に花粉のエキスを少しずついれていくことによって、身体を花粉に慣らし、過剰な免疫反応を弱めていくという根本的な治療法です。

但し、注射を2〜3年続け、体質を変えて行くというものなのでその間、定期的に病院に通う時間等が必要となります。 ⇒ 花粉症の治療方法

サプリメント等で体質を改善す

乳酸菌

乳酸菌革命

花粉症等のアレルギー症状が免疫力の異常によって生じます。
免疫力は腸が重大な役割を担っているので、腸内環境を正常に保つことがアレルギー改善のカギとなります。

よって、腸内環境改善に効果があると言われる乳酸菌やオリゴ糖、食物繊維が積極的に摂る事が必要です。 ⇒ 「花粉症」の症状が改善する乳酸菌とは?

サプリメント

また、抗酸化作用のあるポリフェノールを含む食品はアレルギー対策に効果gあると考えらています。 ⇒ 花粉対策サプリメント

避粉ツアー

花粉対策の究極はアレルゲンとなるスギ・ヒノキ花粉がない地域に行くことです。
国内では北海道にはスギ・ヒノキがないので、スギ・ヒノキ花粉の心配はありません。
花粉シーズンに「避粉ツアー」が企画されています。

日程は4日・5日・6日の3種類。
※出発日:2015/10/01〜2016/04/26
但し、首都圏発のみです。
ただ、この時期に北海道に行けば同じことなのでこのツアーにこだわる必要はないかもしれません。⇒ 花粉対策「避粉ツアー」(4日間)

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事
人気無料サンプル・モニター

万田酵素プラス温imp

その他の無料サンプルモニター情報はこちら

更新情報
()内はキャンペーンの締切日です。 その他の更新情報はこちら

新着記事
その他の最新記事情報はこちら
カテゴリー