住宅ローンとは?三菱東京UFJ銀行・住信SBI銀行・新生銀行・楽天銀行等の住宅ローンの金利、繰上返済・借り換え手数料の比較情報です。

銀行・カード・キャッシング>



住宅ローンとは?

住宅ローンの金利には2種類あります。

  • 変動金利
  • 固定金利

住宅ローンの変動金利とは?

住宅ローンの変動金利とは、毎年4月1日、10月1日の年2回、金利の見直しを行い、新しい金利はそれぞれ6月、12月の約定返済日の翌日から適用されるというものです。
基本的に公定歩合に連動して変動する金利です。

変動金利は、固定金利に比べて金利が低いのが特長ですが、その後、公定歩合が上がれば、変動金利も上がります
その場合、固定金利より変動金利が高くなる可能性があります。
住宅ローンの支払金額をギリギリのラインで設定していると、金利が上がった時に支払いが厳しくなる危険があります。

住宅ローンの固定金利とは?

住宅ローンの固定金利とは、契約時の金利が3年・5年・10年・20年・30年等の契約期間中、変動しないで固定のものをいいます。
変動金利と違い、契約期間中は、金利の変動がありませんので、公定歩合に左右されません。
従って、契約期間中は金利が上がる心配はありません。
しかしながら、変動金利に比べると高く設定してありますので、金利が上がらない場合は、変動金利より余分に利子を払うことになります。

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの金利は、変動金利と固定金利で違いがありますが、銀行によっても違います。

住宅ローンを組む時は、住宅ローンをどの銀行で組むかは住宅会社の指定になることが多いと思います。

しかし、他の銀行の住宅ローンを比較すると、自分が借りている銀行より金利が低い場合があります。
さらにネット専用の住宅ローンの金利の方が、店頭の金利より低く設定されています。
また、住宅ローンの借り換えをすると、通常より金利が安くなる場合があります。

金利が低い銀行に借り換えをすると利子の負担が少なくなります。

住宅ローンの繰上返済

住宅ローンの利子は、ローン金額が多いほど、ローン期間が長い程、負担になります。
そこで、住宅ローンの繰上返済を行うと、利子の負担が少なくなります。

繰上返済は、「一部繰上返済」と「全部繰上返済」の2種類があります。
そして、「一部繰上返済」の場合、月々の返済金額を少なくする場合と返済期間を短くする場合があります。


【住宅ローン】手間のかかる審査申し込みを一度で!
複数の金融機関に一括審査申し込み

複数の金融機関に一度で住宅ローンの審査申込が出来るサイト(ご利用は無料)です。
◇一括審査申し込み対応金融機関:住信SBIネット銀行・ソニー銀行・東京スター銀行・常陽銀行・ORIX・楽天銀行・SAISSON FUNDEXローン百選 ただいま、クオカードキャンペーン実施中!!


「住宅ローン借り換えセンター」

優良銀行20社の金利を比較し手続きを代行!
無料診断対象者(必須条件)
・住宅ローン、もしくは不動産投資用ローンを利用されている方
・ 対象エリア(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、宮城県、愛知県、大阪府)にお住まいの方
・ 対象エリア(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、宮城県、愛知県、大阪府)に投資用不動産物件をお持ちの方


楽天銀行住宅ローン【フラット35】

【業界最低金利】で選ぶなら!【楽●天】の住宅ローン─楽天銀行─
●融資事務手数料率も最低水準!!
楽天銀行の融資事務手数料率はお借入額×1.365%(通常時、税込)と 業界最低水準。
●保証料、繰上げ返済の手数料も\0
●お申込まで来店不要!!


ズバット住宅ローン

これまでの住宅ローン審査申込みは、各金融機関ごとにそれぞれ100以上の項目を入力する必要がありました。
『ズバット住宅ローン』は、たった一回の入力で複数金融機関に審査申込みが行えるサービスです。
≪参加金融機関一覧≫
新生銀行・住信SBIネット銀行・東京スター銀行・SBI住宅ローン・ソニー銀行・イオン銀行・ORIX・日本モーゲージサービス


更新情報
()内はキャンペーンの締切日です。

新着記事
住宅ローン関連記事
カテゴリー